生理前・産後

産後の肌がかゆい!乾燥してゴワゴワ…産後ゆらぎ肌の改善スキンケア

妊娠出産前は普通肌だった人でも、産後にお肌が敏感になり、ゆらぎ肌になってしまうママは多くいます。中でも多いのが、お肌のかゆみ。

敏感肌のかゆみは炎症を伴うものが多いですが、産後のお肌のかゆみの主な原因は乾燥です。乾燥するとお肌のバリア機能が低下し、ゴワついて化粧ノリも悪くなり、ニキビなどの肌荒れが起きる人もいます。

けいこ先生
そこで今回は、産後ゆらぎ肌の原因と改善スキンケアの解説をしていきます。

各スキンケアのおすすめアイテムもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

産後にお肌がゆらぐ原因とは?

産後ゆらぎ肌になってしまう4つの原因について、詳しく解説していきます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中は、美肌ホルモンとも呼ばれるエストロゲンが大量に分泌されているのですが、出産後は一気に減少してしまうため、ホルモンバランスが大きく乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れるとお肌のターンオーバーが遅れ、古い細胞ばかりになって細胞同士の繋がりが弱くなるため、お肌のバリア機能が低下します。

古い角質が溜まって肥厚すると、乾燥して固くなるのでゴワついたり、めくれ上がってザラついたり、かゆみの原因になります。

産後の黄体ホルモンの増加で皮脂が出やすくなり、肥厚した角質が毛穴を塞ぐと、ニキビなどができる場合も。

睡眠不足

数時間おきの授乳やオムツ替えで睡眠不足になることで、自律神経が乱れたり、睡眠中に分泌される成長ホルモンが少なくなり、ターンオーバーが遅れたり肌ダメージの修復ができなくなります。

水分不足・栄養不足

慣れない育児で水分補給や食事を摂ることができなかったり、その上、母乳に水分や栄養素を持っていかれるため、ママの身体は水分不足・栄養不足になりがちです。

摂取した栄養素はまずは血液や臓器などに回るため、お肌にまで充分な水分や栄養が行き届かず、乾燥などを引き起こします。母乳は血液から出来ているため、母乳育児のママはより深刻です。

けいこ先生
1日2〜2.5Lを目安に、意識して水分補給を行いましょう。

食事はお料理セットやワンプレート料理、時にはお惣菜や冷食なども活用してこだわり過ぎず「栄養を摂る」に重きを置いて。

便秘がち

出産時の出血で腸内の水分が少なくなってしまう事や、母乳に水分を取られる事が原因で、産後は便秘になりがちです。

便秘になると自律神経の働きが悪なって皮膚の血行が悪くなったり、腸の中で腐敗が進んだ便から有害物質が発生し、腸から吸収された毒素が血液に溶け込み、全身に巡って肌荒れの原因になります。

水分は1日最低2L、食事はイモ・豆・きのこ・根菜類や乳酸菌を含むものを多く摂りましょう。

産後ゆらぎ肌の改善スキンケア

産後ゆらぎ肌を改善するには、低刺激・保湿・紫外線対策の3つが重要です。選ぶ際のポイントやおすすめアイテムもご紹介します。

妊娠前の化粧品を見直す

産後のお肌は、ホルモンの変化だけでなく、運動不足、睡眠不足、ストレス、便秘、つわりによる偏食などで、お肌のバリア機能が低下していることが多いです。

妊娠前と同じものだと刺激が強すぎて、お肌が余計にゆらぐ場合があるので、敏感肌向けの低刺激のアイテムに見直しましょう。

うるおいを逃さない洗顔

洗顔はスキンケアの中で最もお肌に負担をかけます。敏感肌用で保湿成分配合の洗顔料や、摩擦刺激を減らせる泡タイプなどで負担を減らし、うるおいを逃さないようにしましょう。

ゴシゴシ洗いや熱いお湯は、お肌のうるおいを奪ってしまうので、32〜36℃程度のぬるま湯で、撫でるように優しく洗いましょう。

アイテム
メーカー資生堂KOSE(コーセー)
商品名dプログラム コンディショニングソープカルテHD モイスチュア ウォッシングフォーム
内容量 / 価格100g / ¥1,650150ml / ¥1,320
特徴保湿成分はソルビトールとグリセリン、さっぱりとした洗い上がりなのにつっぱり感なし、不純物を取り除いた厳選成分のみ低刺激設計アミノ酸系洗浄成分でうるおいバリアを守る、ポンプ式で簡単ふわもこ泡、表面積が多い泡で少量でもしっかりオフ、低刺激処方

クレンジングは、うるおいを奪いすぎないクリームかミルクタイプがオススメです。

メイクもお湯や石けんでオフできるものを選ぶと、洗浄力の強いオイルクレンジングなどを使わないで済みますよ。

アイテム
メーカーORBIS(オルビス)Tout Vert(トゥベール)
商品名オルビス オフクリーム ミネラルパウダリーファンデーション
内容量 / 価格100g(2ヶ月分) / ¥2,53012g(4色展開) / ¥2,490 ※コンパクト・パフ付
特徴汚れだけを落とすセレクトクレンジング、細胞間脂質には馴染まずうるおいを守る、セラミドとヒアルロン酸でうるおう洗顔料オフ可敏感肌OKセラミドバリア、26種類の美容液成分配合、天然由来成分のみ、下地不要、SPF31・PA+++

保湿力が高い化粧水・乳液

産後ゆらぎ肌のかゆみやゴワつきは乾燥が原因なので、とにかく保湿が重要!

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿力が高い成分配合の化粧水でしっかり保湿し、必ず乳液などの油分で蓋をして、うるおいを閉じ込めましょう。

けいこ先生
つい化粧水で終わらせてしまいがちな人は、オールインワンがオススメです。
アイテム
メーカー日本ドライスキン研究所ETVOS(エトヴォス)
商品名ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクアルティモイスト
内容量 / 価格オールインワン・110ml(1〜2ヶ月分) / ¥3,96014日間トライアルセット(洗顔・化粧水・美容液・クリーム) / ¥2,420
特徴1本5役バリア機能を向上させる5種類のヒト型セラミド配合特殊浸透水、100%美容液成分、赤み・炎症を抑えるアンボラエキス配合、完全無添加の低刺激処方ヒト型セラミド×ナイアシンアミドのW配合、ナツメ果実エキス(ブースター効果)、6種類の花エキス、3種類の植物オイル、低刺激処方

日焼け止めは外出しなくても塗る

紫外線はお肌のバリア機能を低下させる大きな原因の1つです。紫外線は1年中降り注ぎ、乾燥の原因になるUV-A波は窓やカーテンも通過するので、外出しなくても日焼け止めは必ず塗りましょう。

CCクリームならUVカットだけでなく、産後のくすみがちなお肌をトーンアップしながら美肌ケアしてくれるのでオススメです。BBクリームより薄づきなので、ヨレや崩れが目立ちにくいのも◎

スキンケア工程を少しでも減らしたい人は、UVカット効果のあるデイクリーム(日中用美容液)がオススメです。

アイテム
メーカー株式会社マグナムORBIS(オルビス)
商品名ペネロピムーン エバーピンク 欲ばりサンスクリーンαオルビスユー デイエッセンス
内容量 / 価格35g / ¥2,72230g / ¥2,970
特徴SPF50・PA++++ノンケミカル&5フリーの進化型UV、敏感肌OK、石鹸でオフ、UV / 大気汚染 / ブルーライトカット、保湿 / 美白 / 抗炎症 / エイジングケア、しみ / シワ / 毛穴カバーSPF25・PA++、無着色 / 無香料 / 無油分、ノンケミカル、アレルギーテスト済み、紫外線 / 近赤外線 / 大気汚染カット、潤いを保持して肌の内側からバリア機能にアプローチ

日中はこまめにミスト化粧水で保湿

日中は、ひと吹きで簡単に保湿ができるミスト化粧水を、こまめに使って保湿をしましょう。

忘れがちになるので、例えば「授乳する度に使う」など作業とセットのルーティーンにしたり、常に目につく所に置くなど、忘れない工夫をしてみて。

アイテム
メーカー花王全薬工業
商品名キュレル ディープモイスチャースプレーアルージェ モイスチャーミストローション II(しっとり)
内容量 / 価格60g/¥990、150g/¥1,980、250g/¥2,750150ml/¥2,530、220ml/¥3,300
特徴医薬部外品、乾燥性敏感肌を考えた低刺激設計微細化したセラミド機能成分が肌の奥まで浸透、メイクの上からOK、全身OK医薬部外品、敏感肌用スキンケア保湿成分ナノ化天然セラミドなどが肌をうるおいで満たして角層バリアを整える、メイクの上からOK

まとめ

今回は、産後ゆらぎ肌の原因と改善スキンケアについて、お伝えしました。

産後はホルモンバランスが一気に崩れ、大きく生活習慣も変わるので、お肌のターンオーバーの乱れや水分不足によって、お肌がゆらいでしまいます。

産後のお肌はデリケートになっているため、お肌に負担をかけない化粧品への見直し、しっかり保湿と紫外線対策を行うことが大切です。

もちろんスキンケアだけに頼るのではなく、お肌を含めた自分の身体の為にも、赤ちゃんの為にも、しっかり水分と食事を摂りましょう。

また、時にはパパや両親などを頼って、しっかり睡眠が取れる日を作ることも大切ですよ。

-生理前・産後
-, , ,